Google XML Sitemaps設定方法全解説!クロールとインデックスを支配する

WordPress

困った人

初心者ブロガークン「なんか記事書いた後にサイトマップの送信をしなきゃいけないとかって調べたんだけど。サイトマップって何よ?何となくグーグルがサイトを見にきて検索結果に乗る感じだと思ってたんだけど」

こんな疑問に答えていきます。

結論から言えばサイトマップの送信は超重要ですが、WordPressのプラグイン【Google XML Sitemaps】を使えばOK。

SEOとは、検索エンジン(GoogleやBingなど)にコンテンツを認識・評価して網羅ための施策のコト。その中でもGoogleの検索エンジンの理解は超重要なので、Googleの仕組みもきっちり理解しておきましょう。

Google検索エンジンの仕組み

Google検索エンジンの仕組み
Googleの検索エンジンは、クローラーというプログラムがWeb上の情報をクロールしながら集め、インデックスを作成。
Google独自のランキングアルゴリズムに基づいて順位付けされ、検索結果として表示されます。

クロールされるためにサイトマップの送信がある

Googlebotと呼ばれるクローラーにクロールされるための方法には何があるでしょう?

  • 外部リンクを辿らせる
  • サーチコンソールを使ってサイトマップを送信する

「外部リンクを辿らせる」言葉にすると簡単ですが、これは誰しもができる方法ではありません。
有名ブロガーの方や芸能人なんかだとリンクされまくることが可能なので現実的ではありますが、初心者ブロガーには絶対無理な方法。

現実的にはサーチコンソールを使ってサイトマップを送信するのが無難というか最適解
そこでWordPressのプラグイン【Google XML Sitemaps】が大活躍します。詳しくは後述します。

XMLサイトマップはサイト内にあるページのURLをリスト化することが可能。多くのURLを一括で通知することが可能

クロールされてもインデックスされるとは限らない?

コンテンツを公開したのにインデックスされない場合があります。

  • noindexタグの挿入
  • Googleのガイドライン違反
  • すでにインデックスされているページとコンテンツが重複

noindexタグの挿入

noindexタグの挿入に関しては、All in One SEO Packの設定などで間違えてチェックしてしまうパターンがあります。これは気をつけましょう。
All in One SEO Packのnoindex設定
All in One SEO Packについては「 【All in One SEO Pack】初心者ブロガー必須のSEO対策プラグインだぞ 」で徹底解説しています。

Googleガイドライン違反

Googleのサイトには「ウェブマスター向けガイドライン」があります。サイトの評価指針や不正行為についても書かれていますので、気になる方は一度読んでおきましょう。

インデックス済みページとコンテンツ重複

これはよくある失敗だと思います。
自分の中ではコンテンツを差別化して作ったつもりでも、クローラーが同一と判断してしまえば、それらをいくつも検索結果に表示することをGoogleは好みません。

インデックスされたとしても類似した内容としてまとめられ、検索結果に表示されなくなる場合もありますので注意が必要。

インデックスされているか確認する方法

インデックスされたかどうかの確認には以下の方法を使います。

  • siteコマンドを使って調べる
  • サーチコンソールでサイトマップ状態の確認

siteコマンドを使う

site:ドメイン

これを検索ウィンドウに入力することで、現在インデックスされているページ一覧を見ることができます。
siteコマンドによるインデックス確認

サーチコンソールでサイトマップ状態の確認

Googleサーチコンソールのサイトマップ画面で、インデックスされたページ数などを確認可能。
たまに見てみるといいかもしれませんね。
サーチコンソールでインデックス数確認

Google XML Sitemapsの使用方法

さて本題のWordPressプラグイン【Google XML Sitemaps】の使い方について解説していきます。

Google XML Sitemapsのインストール

「プラグイン」»「新規追加」より「Google XML Sitemaps」を検索し「今すぐインストール」»「有効化」します。
googlexmlsitemapsの有効化

ダッシュボードの「設定」»「XML-Sitemap」で設定画面に入ります。
Googlexmlsitemapsの初期画面

Google XML Sitemapsの設定手順

それではGoogle XML Sitemapsの設定について解説していきます。
とはいえ難しいことは何もありません。プラグインで今後の作業は自動化してくれますので、最初にチャチャっと設定すればOK。

基本設定

GoogleとBingへの通知設定はONにしておきましょう。これがないと始まりません。
ブログを更新するたびに自動的にGoogleとBingへ自動的に通知する設定です。
Google XML Sitemaps基本設定

投稿の優先順位

ここは「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておきましょう。手動で優先順位を変える設定がありますので。
Google XML Sitemaps投稿の優先順位

サイトマップに含める内容

XMLサイトマップに含める内容です。デフォルトのままでOK。
全部にチェックを入れたりすると、GoogleBotの効率のいいクロールができなくなり、SEO上悪影響なので、何でもチェックを入れればいいってもんじゃありません。
Google XML Sitemapsのサイトマップに含めるコンテンツ

除外カテゴリ設定

カテゴリの中で除外する項目を決めます。
基本的に「未分類」はチェックしておいた方がいいですね。サンプルサイトの画像なのでごめんなさい、「未分類」しかありません。
Google XML Sitemaps除外カテゴリ

サイトマップの更新頻度

サイトマップの更新頻度を決めます。サイト内の重要なコンテンツを優先してクロールするための設定となります。
Google XML Sitemaps更新頻度

サイトマップの優先順位

サイト内の他URLと比較して、そのコンテンツの優先順位を決めるもの。更新頻度などと同じイメージを1.0〜0.1で指定します。
Google XML Sitemaps優先順位

サーチコンソールに手動でXMLサイトマップを送信してみよう

コンテンツを公開すると自動的にサイトマップがGoogleに通知されますが、サーチコンソールにて手動でXMLサイトマップを送信してみましょう。
サイトマップのURLは【https://独自ドメイン/sitemap.xml】です。
これはプラグインGoogle XML Sitemapsで確認が可能。
サイトマップのURL確認
Googleサーチコンソールにアクセス»「サイトマップ」へ進みます。
ここにサイトマップのURLをペーストし「送信」します。
サーチコンソールサイトマップ送信画面
はい、完了です。
サイトマップ送信完了

Google XML Sitemapsまとめ

Google検索クローラーとインデックスの概要、Google XML Sitemapsの使用方法を解説しました。

嬉しい人

初心者ブロガー君
「サイトマップってよく分からなかったけど、Googleの検索クローラーがサイトを効率よくクロールしてくれるために必要なんだね。プラグインを導入すればOKみたいだから早速導入するよ。」

コンテンツを公開しても、Googleにインデックスされなければ検索結果には反映されません。
WordPressではプラグインの【Google XML Sitemaps】でクローラー対策は万全となりますので、WordPressブロガーなら全員このプラグインは入れるべきって話ですね。