【初心者ブロガー】 CTR爆上げ記事タイトルを決める5つのコツ

SEO

困った人

困った初心者ブロガー「ブログ始めてみたんだけど、全然アクセス集まらないよ。どうやったら記事が読まれるのか分からない」

検索結果に表示されているのにページCTR(クリック率)が上がらない。私もめちゃくちゃ悩んでいました。
サーチコンソールをみても

合計表示回数:50
合計クリック数:0
平均CTR:0%

メッチャ萎えます笑
ページCTRを上げるコツはタイトルの付け方にあります。検索結果で一番目に入る部分はタイトルですもんね。
タイトルの付け方わからないよって方は、この記事で紹介するポイントを抑えてルール作りをしましょう。自分の型のようなものができると、怖いものなしになりますよ!

  • 記事タイトルを決めるコツ
  • SEOで気をつけるポイント2つ
  • キャッチコピーで気をつけるポイント3つ

タイトルをしっかり作りこまないと、CTRはずーっと上がりません。
ってことはブログで収益化?夢のまた夢ですね。

記事タイトルを決めるコツはSEOとキャッチコピー

タイトルSEOは検索結果への表示対策


検索結果で上位に表示させるために最小限の労力で最大限の効果を発揮させる。
これがSEOにおけるタイトルの役割です。

タイトルSEOのポイント

  • 左寄せでキーワードを必ず含める
  • タイトル被り厳禁

各々を掘り下げていきます。

左寄せでキーワードを必ず含める

SEOキーワードを含み記事を要約したタイトルを作るコトで検索エンジンから高い評価をされやすくなります。

記事タイトルの付け方について記事タイトルを作るなら

アクセス数を爆上げする記事タイトルの付け方
(アクセス数 記事タイトル の二つのキーワード狙い)

タイトル被り厳禁

サイト内にタイトルが重複していると、どんなにいい記事を書いていても正しく評価はされません。

コンテンツの重複は百害あって一理なし

しっかりキーワード選定し、タイトルの重複を避けましょう。

キャッチコピーはCTR向上のカギ

CTRとは?

Click Through  Rate
検索結果や広告などの表示回数(インプレッション)に対するクリックされた回数の割合

あ、このページは俺の知りたいコト書いてある
タイトルのキャッチコピーでこんなことを思わせれば、記事のCTRは上がります。

キャッチコピー作成では以下のような部分に力を入れましょう。

  • ターゲットを明確にする
  • 具体的な数字を入れる
  • 読者のニーズに訴求する

ターゲットを明確にする

誰に対して発信するか明確にしておくコトで読み手を選別する事ができます。

あ、この悩みが解決できるのか
読者にそう思わせる事でCTRをググッと上げる事ができます。

【アクセス数爆上げ】:アクセス数を伸ばしたいブロガー向け
【SEOって何よ?】:SEOの基礎が分からない人向け
【ブログ初心者必見】:ブログを始めたばかりの人向け

具体的な数字を入れる

具体的な数字がタイトルに入る事で記事の内容が気になりませんか?
ターゲットを明確にするのと同時に数字を入れる事でより読者に刺さるタイトルが作れます。

【アクセス数爆上げ】タイトル設定の3つのポイント

あ、3つを意識するだけでいいんだ!」ってなると見てみようかなって思う気持ちがちょっと湧きます。

読者のニーズに訴求する

読者の検索意図を読みましょう。

  • SEOについて知りたいのか?
  • キャッチコピーについて知りたいのか?

記事タイトル 付け方」こんな検索をする読者は渾身の記事を書いてもアクセス数が上がらずタイトルをどうすればいいかを悩んでいることは想像できますね。

【アクセス爆上げ】記事タイトルの5つのコツ【初心者ブロガー】

ターゲット:初心者ブロガー
数字を入れる:5つのコツ
ニーズに訴求:アクセス数を上げたい

まとめ

タイトルを決める過程で考えるべき5つのコツについて紹介しました。

嬉しい人

ブロガーを目指している初心者クン
「なるほどね、タイトルを決めるにはルールをしっかり決めておくことが大事なんだね。
SEOで検索順位を上げる。キャッチコピーでクリックさせる欲を煽る感じだね。読者の悩みに刺さる言葉を使うことを意識してみようかな。」

 
タイトルってメッチャ難しいですよね。
読者の悩みに訴求したタイトルの付け方って、想像力がチョー必要。
自分が読者側だったらどんな言葉が刺さるのか、一度考えてみましょう。

最後におさらい。

記事タイトルを決めるには

  • SEO:キーワードを仕込む
  • SEO:タイトル重複はNG
  • キャッチコピー:ターゲットの明確化
  • キャッチコピー:具体的な数字を入れる
  • キャッチコピー:読者のニーズに訴求

これらをしっかり意識し、タイトルで読者を惹きつけるテクニックを習得しましょう。