【透析モニタリング】透析液圧はちょー簡単【考えすぎんな】

透析

新人MEクン「静脈圧はVチャンバの圧力だってことはわかるんだけど。
透析液圧って何?コンソールにいっぱい数字が並んでてよくわからないんだけど。」

透析に関わるコメディカルにとって透析中のモニタリングって超重要。

この記事では「透析液圧」に注目し
「何の意味があるの?」「何で変動するの?」
この辺を網羅的に解説していきます。

  • 透析液圧はTMPを制御するために変動する
  • 透析液圧の変動の原因
  • 透析液圧アラームの対処

透析液圧でTMPを制御

TMPって何だろう?

透析コンソールのパネルに並ぶたくさんの数字、最初は情報量が多すぎて本当に嫌になりますよね。

「透析液圧」はそれ自身に何の意味を持つかというより、

TMPを安定させる

ために自動的に変動するものと考えると簡単です。

TMPって何だろう?

TMPとは膜間圧力差

簡単に言ってしまえば濾過の方向を示します。
+なら正濾過(除水)
−なら逆濾過(血液側へのI-HDFによる補液等)

TMPは膜の透水性や除水量によって変化します。

よくある間違いが
TMP=静脈圧ー透析液圧

膜間圧力差だからといって単純に減算することで
あれ、陰圧?ってなります。

式はしっかり覚えておきましょう。

TMP=(PBi+PBo)/2-(PDi+PDo)/2

PBi:血液側入口圧 PBo:血液側出口圧
PDi:透析液入口圧 PDo:透析液出口圧

透析膜の透水性について

透析膜の劣化や、血液の濃縮により、透析後半になるに従って除水のしやすさが変わります。

ダイアライザにはUFR(限外濾過率)という透水性の指標があります。
難しいことを覚える必要は全くありません。

UFR=Vf/(Tf×TMP)

Vf:時間Tfに得られた濾液量[mL]
Tf:濾過時間[hr]
TMP:膜間圧力差[mmHg]

1時間当たりTMP当たり何ccの除水が可能かという「水の抜きやすさ」の指標。

TMPは何で変動する?

一般的にTMPが下降するということはありません。
経時劣化で透水性が下がることによりTMPが徐々に上がっていくのが普通の変化。

TMPがマイナスになるのは?

I-HDF(間歇補充型血液透析濾過)で逆濾過で補液の際にTMPがマイナスとなり、透析液側から血液側に水の移動が起こります。

透析液圧の変動の原因と対処方法

透析液圧の変動の原因と対処方法

基本的に透析液圧はTMPを一定とするために自動的に変動します。
透析液圧上限や下限アラームがなったときの対処方法を確認しておきましょう。

透析液圧の上昇

透析液圧の上昇は、一般的に静脈圧の上昇と同意。
TMPを一定に保とうとするため、静脈圧(血液側圧力)が上昇すれば、自動的に透析液圧も上昇しますね。

  • 静脈側回路の屈曲
  • 静脈側穿刺針に血栓
  • 静脈チャンバーの凝血

要するに返血回路の障害によって静脈圧の上昇、透析液圧の上昇が見られます。
回路が屈曲していないか?凝固状態などをしっかり確認。

透析液圧の下降

透析液圧下降時は静脈圧の下降に追従して起こります。
ということで対処は静脈圧の下降と同様でOKです。ですが、TMP上昇の場合に関してはちょっと注意しておきましょう。

  • 脱血不良
  • 透水性減少によるTMP上昇

脱血不良に関しては動脈側穿刺針の留置場所の微調整や、シャント状況の確認
脱血不良が改善しない場合は、血液流量を下げるなど対処をしないと、溶血→凝固となりますので、注意が必要。

TMP上昇時の血液パラメータの変化はどうなんでしょう?
TMP上昇すなわち透水性減少。
透水性減少の原因によって静脈圧と透析液圧の変動には違いがあります。

過度の脱血不良が原因の場合

透析膜への流入量が減ることで、除水がしにくくなるためTMPが上昇するパターン。
ダイアライザへの血液流入量が減ることで、血液側の水分量の減少。
水分が減れば、水を引っ張りにくくなるのは容易に想像できますよね。

静脈圧が減少(脱血不良)
TMPが上昇
透析液圧がガッツリ減少(静脈圧追従+TMP上昇のため)

膜の劣化が原因の場合

オンラインHDFではこれが原因のパターンが散見されます。
PreOnlineHDFでは普段の除水の加え、大量補液された分の濾過量も加わるので、膜の劣化が進み治療後半にはTMPが上昇傾向になることがあります。
あまりにもTMPが上がりすぎると、Alb漏出などの栄養リスクを惹起しますので、毎回このような治療パターンとなってしまうのならば、透析条件の変更が必要です。

静脈圧が不変
透析液圧が下降(TMP上昇のため)
TMPが上昇(膜劣化による透水性減少のため)

補液量(濾過量)を減らすことでTMPをコントロールしましょう。

透析液圧がマイナス!?

看護師さんからよく報告を受けますが、透析液圧がマイナスってだけでは異常かどうか判断できません。
静脈圧が低値で、ややTMP上がり傾向っていうだけで、透析液圧がマイナスに振れることは珍しくありません。
脱血状態やTMP次第で、血液流量や除水量(補液量含む)を調整しましょう。

結論

分かった人

わかった気がするMEクン「なるほどね。透析液圧に着目するんじゃなく、TMPに着目する必要があるわけだね。」

そう、その通りです。
透析液圧のことまで考えてると頭がぐるぐるしちゃうので、基本的には静脈圧とTMPに着目して対処をすることが大事ですね。