iPhone保険オススメ3選!その保険で本当に大丈夫?

携帯

困った人

困った人「iPhone向け保険、色々あって悩むよね。
AppleCare+が一番簡単で有名だと思うんだけど、他の保険も捨てがたい。どれがいいかな、背中押してよ!!」

本当にピッタリなiPhone向け保険を探している方向け

iPhoneで保険に入るならAppleCare+。
今でもそんな意見の方が大半。
AppleCare+で余計なお金を払っているかもしれませんよ?

この記事では、損をしているかもしれないiPhoneユーザーの方向けに、本当にオススメできる保険を徹底比較しながら紹介。

キャリアの言いなりになってiPhone保険に入る時代は終わり

生命保険や自動車保険を比較して入るのと同じように、iPhone保険もしっかり比較していきましょう!

  • 私がオススメするiPhone向け保険3つ
  • 各保険の優れている場所は?
  • iPhoneSE2・iPhone11ProMax保険コストシミュレーション結果

私がオススメするiPhone向け保険3つ

iPhone向け保険、調べれば様々なものが見つかりますが、この3つを比較すれば問題ありません。

各々の特徴を見ていきます。

AppleCare+盗難紛失プラン

AppleCare
The定番のAppleCare+盗難紛失プラン。
保険に入ることは絶対だけど、考えるのめんどくさいよって人はこれでしょ!

免責金がちょっと痛い

  • 画面損傷:税込3,740円
  • その他過失・事故:税込12,980円
  • 盗難・紛失:税込12,980円

AppleCare+の保険料+修理時の免責金を払ってもいいよ!って方なら、もうこれでOK。

モバイル保険

モバイル保険
iPhone本体だけでなく、副端末を2台(BTはWi-Fiに繋がる機器)の登録が可能。

ガジェット好きにはピッタリな保険

モバイル保険のメリットはやっぱココ。
ノートPCだろうがAirPodsだろうがAppleWatchだろうが、家族のスマホだろうが副端末として2台まで、保険金額が変わらずに契約できることですね。

justInCaseスマホ保険

justInCase
保険を使わなければ保険料が下がる。保険ってこうじゃなきゃ!

加入条件は壊れていなければOK

justInCaseスマホ保険の凄いところってここです。
何年目の機種だろうが、中古で買おうが新品で買おうが、ラクマやメルカリの個人売買だろうが、壊れていなければOK。
他の保険にはないjustInCaseの超絶メリット。

  • 壊れていない端末
  • iPhone5S以降に販売された端末
  • Android OS6以上、かつGoogleがサポートしているAndroid端末

これ以上前の機種をお使いの方はごめんなさい。むしろ買い替えましょう。世界が変わります。

何も考えたくなーい→AppleCare+
ガジェット好きは→モバイル保険
圧倒的コスパの→justInCase

各保険のメリットはどこに?

個別に保険を見ていても仕方ありません。

  • 対象端末や保険期間
  • 免責金の存在
  • 全損や盗難紛失時比較

対象端末や保険期間

justInCaseスマホ保険は前述した通り、壊れていなければ加入可能。個人売買でもOKなのはすごいメリットですね。
モバイル保険では新品〜1年以内の機種がメイン。
AppleCare+ではご存知の通り、購入〜1ヶ月の間の加入が必須。新品端末限定となります。

保険期間はAppleCare+は2年。そこからは無保険または他保険への乗り換えが必須。

モバイル保険とjustInCaseは保険契約が続く限りしっかり補償

免責金の存在

justInCaseは免責金3,500円と0円設定。ですが保険を使わないパターンも考えると保険料を抑えられる3,500円設定がオススメ。
モバイル保険は免責金0円。
AppleCare+は前述のとおり、免責金が些か痛いところですね。

免責金0円のモバイル保険が優秀

全損や盗難紛失時比較

もうこれはAppleCare+の楽勝。
モバイル保険とjustInCaseスマホ保険は、修理不能や盗難紛失時の補償が弱いです。
AppleCare+では免責金の支払いはあるものの、代替品と交換できる、これがメッチャ良いところです。

iPhoneSE2・iPhone11ProMax保険コストシミュレーション結果

justInCaseは免責金3,500円設定がコスト上優位となることが多いため、そちらを採用。
3つの保険を2種類の端末でコスト比較していきます。

第2世代iPhoneSE

iPhoneSE2補償 AppleCare+
盗難紛失プラン
モバイル保険 justInCase
免責金3,500円
支払い上限額 無制限 100,000円 49,800円
保険使用回数 2年で2回 無制限 無制限
月額保険料 450円 700円 355円
(248円)
2年事故なし
ランニングコスト
10,800円 16,800円 6,273円

justInCaseのコスパがメッチャ良いですね。
1回保険を使ったとしても9,773円とNo1のコストパフォーマンス。

iPhoneSE2ではjustInCaseスマホ保険

iPhone11ProMax

iPhone11ProMax AppleCare+
盗難紛失プラン
モバイル保険 justInCase
免責金3,500円
支払い上限額 無制限 100,000円 135,800円
保険使用回数 2年で2回 無制限 無制限
月額保険料 1,034円 700円 916円
(641円)
2年事故なし
ランニングコスト
24,800円 16,800円 16,209円

justInCaseスマホ保険とモバイル保険が拮抗しました。

副端末補償が欲しいならモバイル保険。少しでも安くのjustInCase

結論

嬉しい人

分かった人「どの保険も魅力的だね。保険を使いたい時に免責金が発生するのが嫌だから、justInCaseかモバイル保険かなぁ。これは悩むww」

新品購入主義、お金かかっても良いって人ならAppleCare+が一番簡単なのは事実。
モバイル保険とjustInCaseは一長一短なので、きっちり比較する必要がありますね。


最終的にどの保険を選ぶかはあなた次第ですが、他の保険は考えずこの3つの保険を比較検討すれば大丈夫でしょ!

何も考えたくなーい→AppleCare+
ガジェット好きは→モバイル保険
圧倒的コスパの→justInCase