Amazonオーディブル体験!使って分かった3つのデメリット

amazon

困った人

オーディブルが気になる人「Amazonオーディブルの感想が知りたいな。いつでもどこでも本が聴けるなんて、通勤時間とかに使うとちょうど良くない?無料体験もできるみたいだし、やってみようかと思ってるんだ」

こんな疑問に答えていきます。

この記事ではAmazonオーディブルのサービスや、使ってみてわかるデメリット、各種手続き方法について網羅的に解説していきます。

Amazonオーディブルって?


Audibleは、いつでもどこでも読書ができるという面白いサービス。
手軽にどこでも本が聴けるなんてヤバくない?って思って即登録。

Amazonオーディブルの料金

月額1,500円でコインが1枚貰えます。
コイン1枚で1冊オーディオブックと価格に関わらず交換可能。
購入したタイトルは退会後も自分のものとして聴くことができます。
31日間無料体験でゲットした本に関しても適用されるので、解約したとしても安心。

31日間無料体験はみんな経験すべき

無料体験登録で1コインゲット。
気になるオーディオブックがあったら購入してみましょ。

だって無料

気に入らなかったら返品交換可能

個人的にはこれがとんでもないと思う。
1冊聴き終わっても気に入らなかったら返品することでコイン1枚返還。購入から365日以内なら返品に応じてくれます。
そのコインを使って他のオーディオブックを購入することが可能。
返品交換理由はこんな感じ。

  • タイトルの内容が気に入らない
  • ナレーションが気に入らない
  • 間違って購入した
  • 本と思って購入した

タイトルが気に入らないとか理由としてはふざけんなって感じですが、それでも返品してくれるんですね。

短期間で返品と交換を繰り返すなど返品の主旨に合わないと判断された場合、一定期間サービス利用が制限・停止されることもある

いけないことを考えちゃダメですよね。

【オーディブルの感想】実際に体験してわかったデメリット

本を読んでくれるサービスってメッチャ便利そう。
移動中でも、寝るときでも、お風呂でも、どこでも本を読めると思いサービスに加入しました。

結果的には大満足ですが、こんなデメリットを感じました。

  • ながら聞きには向かない
  • 本の値段がチト高い
  • 小説はわけわからなくなる

とはいえ1か月無料(オーディオブック1冊無料)なので、体験はすべきですよ。
月額1,500円なので、私は普通に会員を継続します。

ながら聞きだとなんか入ってこない

毎日の運転や通勤中、お買い物や料理をしながら、いつでもどこでも、好きな時にアプリで本を聴けます。

たしかにその通りなんですが、ながら聴きって内容が入ってこないんですよね。
個人的には寝る前の静かな時間に目をつぶりながら聞いてみると、スッと頭に入ってくる感じです。

本の値段が高い

普通に本を読むよりも高いですね。
会員であれば1コインで毎月1冊は1,500円で購入できますが、それ以降は30%引きとはいえ本を購入するより高いです。

参考までに私がオーディオブックで購入したメンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」の価格はこんなカンジ。

オーディオブック
非会員価格
2,500円
オーディオブック
会員30%OFF
1,750円
単行本 1,540円
Kindle本 1,386円

オーディオブックにこだわりがないのであれば、毎月付与される1コイン以外は、課金せずにKindle本などで購入するのが賢い選択かもしれません。

小説はやめておけ

私としてはこれを目的に買ったところもありますが、がっかりです。
小説の登場人物が多ければ多いほど、同じ声で物語が展開していくのでわけがわからなくなります。

Amazonオーディブルの手続きは基本Web

オーディオブックの購入・返品・退会は全てAmazonオーディブルWebサイトで行います。
オーディブルアプリでできないのがメッチャ不便なのでここは改善して欲しいところ。
オーディブルアプリでは手続きできない

オーディオブックの購入方法

Amazonオーディブル公式にアクセスし、オーディオブックを検索。
普段のアマゾンのお買い物と同じような感じなので迷うことはないでしょう。
コイン使用可否の選択をし購入するだけ。オーディオブック会員のため、30%OFFされた価格が表示されています。
オーディオブックの購入方法
はい、メッチャ簡単でしょう。
オーディオブック購入完了
購入したオーディオブックはAudibleアプリのクラウドに保管されていますので、ダウンロードすれば聴くことが可能になります。
Audibleアプリ

オーディオブックの返品方法

Amazonオーディブル公式→アカウントサービス→「購入履歴(返品)」から可能。
オーディオブックの返品方法
スクショのためにこの画面まで来ましたが、返品はしません。
「人を操る禁断の文章術」この本もチョーお気に入り。Kindle Unlimitedで無料入手可能ですけどね!これは悔しかったです。

Amazonオーディブルの退会方法

Amazonオーディブルの退会もAmazonのアカウントサービスから行います。

「Amazonオーディブル公式サイト」から「アカウント&リスト」を選択

Amazonオーディブルからアカウントサービス

「アカウントサービス」を選択

アカウントサービスを選択

「その他のアカウント」から「Audibleアカウント」を選択

「その他のアカウント」から「Audibleアカウント」を選択

画面下部の「退会手続きへ」を選択

オーディブルの退会手続きへ

「このまま退会手続きを・・・」を選択

退会理由を選択

オーディブルの退会理由

最終確認。「退会手続きを完了する」

これを選択すると退会となります。
オーディブル大会の最終確認

退会完了しても、今までに購入したオーディオブックはそのままオーディブルアプリで視聴可能。

Amazonオーディブルまとめ

『いつでもどこでも読書ができる』
オーディオブックの種類によりますが、朗読をゆっくり聴いていると、心に染み込んでくるかんじ。
ビジネス本とか自己啓発系とかを聴くには、とってもいいサービスだと思います。

ながら聴きだと頭にあんまり入ってこないので、1日に一度ゆっくりしながら聴くタイミングを取って聴くスタイルがオススメかな。

Amazonオーディブル31日間無料を体験してみる